S__21471241

東京五輪エンブレム炎上騒動から見る広告人と一般社会の乖離 - ライブドアニュース

↑中川さんの指摘。的確すぎる。

広告業界人はどことなくネット民に対して性善説で接していたところがあります。それは、恐らく苛烈なる炎上を経験したことがなく、業界内でまったりと交流し、著名クリエーターであれば、ツイッターのフォロワーが数千~1万台いて、心地良いコメントのシャワーを浴びていたからでしょう。仲間と一緒に高級店でおいしいワインを飲み、ムール貝やレバーのパテを食べる姿をSNSで披露し「おいしそー!」と言われたり、業界トレンドについて有益な情報収集していたため、一般社会からは隔離され、上品なサロンがそこでは展開されていた。
今回業界人はどう振る舞えばよかったのか。多分ネットでは特に情報発信はせず、知り合いなんだったらメールで慰めるとか、食事に誘うとかする程度で良かったような気がします。
私も博報堂出身ですが、「生活者発想を持て」と常に言われていました。でも、タクシーに乗る のは当たり前。新入社員の頃から山手線内のオートロック付きマンションに住むのもフツーのこと、といった感覚を味わっていただけに、「生活者」のことなん て分かっていなかったんだな、としみじみ今回の騒動を見て思うのでした。

広告業界に限らず、
ほとんどの人のSNSの使い方って内輪での馴れ合いでしかなくて、
SNSやってて、とんでもないバカとやりあったことが無い人は
全員、上品なサロンから一歩も出てない使い方だと思います(●´ω`●)

自分の考える「普通」は
「一般的な普通」ではなく、「自分にとっての普通」であって
「普通」というものは存在しない

って、電通の研修で聞いたなぁ。

=================================
毎日エッセイが届く「月刊はあちゅう」無料公開中!
(初月無料)
=================================

LINE@で最新情報を発信しています(●´ω`●)
@ha-chuで検索orこちらから友達登録をお願いします)

・「はあちゅうって何?」→詳しいプロフィール、連載・書籍一覧はコチラ

ブロガーパンダスタンプ発売中

●お仕事・講演依頼は、ツイッター、フェイスブックで本人に直接ご連絡頂くか、
hachu.officeあっとまーくgmail.comにメールください。
(スタッフが目を通しますので日時、拘束時間、ギャラ、依頼先など、
分かる範囲でなるべく詳細をご記載頂ければ幸いです。)

●有料オンラインサロン(月1でメンバー募集中)
学校的な…「ちゅうつねカレッジ
サークル的な…「ちゅうもえの楽屋にいらっしゃい
詳細はリンク先をご覧ください。