今週のフロアデザートの担当は、うちの部屋です。
つまり、作る人はあたしとルームメイトのジェシカ(上海人)です。

フロアデザートって何かっていうと、
夜中の11時から2時とかに
みんなでデザートを食べるっていう
なんかダイエットの足の引っ張り合いみたいな、
とてつもなく悪しき寮の伝統行事で。

みんなでかわりばんこに
デザートをつくりあうっていう
よくいえば女の子らしい

正直言うとかったるい行事なんですな。

いや、お菓子づくりとか
好きだけどさ、
作りたいときにつくるのが好きなんであって、
なんかつくらなきゃいけないと思うと
とたんにめんどくさくなって…。

でもね!

前回、前々回、前々前回と!
ひっどいんだわ。
みんなのつくるもんが。

香港人は料理できないことで有名だけど

インスタントのチョコケーキが
どうやったらあんなに不味くなるのか。

インスタントのマンゴプリンが
なぜぶつぶつだらけになっているのか。

なぜにお汁粉からトイレ臭がするのか。
そしてなぜゆで卵が浮いてるのか…。


もうこれは、


私の時代がきたな。キラリ。


と思ったわけですよ。

ええ。
普通程度に料理が出来る日本人としてのプライドをかけて、

ここはいっちょ
リアル愛のエプロン女子どもに、
「これが手作りお菓子ってものよ!!」って
見せ付けてやろうと思って。

で、チーズケーキとか、
ルシアンクッキーとか、
モエローショコラとか、

いろいろ候補考えたわけですよ。
この作業が一番めんどいですなあ。

いざつくるもんきまったら早いんだけどね。

でさ、
よし。ここはクッキーだと思ったわけ。


ルシアンクッキーって型抜き必要ないから楽なのね。しかも口溶けがすごくよくって、「ほろ…」って感じで口の中で崩れるから大味にしか慣れてない香港人の度肝を抜けると思ったのよ


で、オーブンをみにいったわけ。


そしたら汚いのなんのって。

これはもー
ボール洗うとか
薄力粉買うとか
そういう前に

オーブンの掃除しなきゃだなあ






と思ったとたん全てがめんどくさくなり。


(ていうか最初のグループの
チョコケーキはどうやって製造されたのだ?
まさかあのオーブンを・・・!?ガクガクブルブル。)





一回きばっちゃったら、今後ずっと期待されるだろうなあとか
薄力粉あまるのやだなあとか
なんでみんな適当なのでごまかしてるのに高い粉砂糖買ってきてまで
美味しいものみんなのために作らなきゃあかんねんとか…



思い出したら止まらなくなって。


もうどうでもいい。
フルーチェでいい…


ていうかもはやうちの部屋スキップにしてくれ・・・


と思い始め、
こういうのを妥協っていうんだなー

あたしの人生妥協の連続だなーと思いました。


結局。


ルームメイトの
「はるか、緑豆のスープなんてどうかしら。あたしそれしかつくれないの」
という提案に

「うん!それでいこう!!」と
ゴーサインだしちゃったわな。


中国のデザートで緑豆と赤豆を一緒に砂糖で2時間煮て、
ココナツスープをぶっかけるそうな。



・・・それはそれでめんどい。


でもしょうがないんで
今から2時間
鍋かきまわしてきます。


あーレポートも書くっていったブログの記事も書いてない…。
そしてこんな愚痴記事かいてるんだから。



あたしクズだなあ。

スープと一緒に溶けたい。



皆様良い夜を。
あでゅー。