もうほんとレポートとか飽きてきたから、どうでもいい話するね。この話題、清純派はあちゅうのイメージ(あくまで私の脳内設定)をことごとく壊すんだけど、最近、恥らったら負けだと思ってるからどうでもよい。それでもちょっぴりソフトな表現を心がけたつもり。そんな私は大和撫子。サンキューギブミーチョコレート。

あのねえ、香港人といても英語の勉強にならないからアメリカ人とつるんでるのだけれど、アメリカ人って、すごいの。なんでもおおっぴろげなの。下半身事情とか、超オープン。なんかもーM字開脚なんてどこ吹く風って勢いで、全開。ほんと、婚前の女子の集団とは思えない会話の乱れ咲きっぷり。

日本の彼氏自慢>

「彼、優しくってー」
「毎晩欠かさず電話くれてー」
「昨日夜景見えるレストラン行ってー」

…みたいなのが普通だと思うの。あたしの基準では。

アメリカ人の彼氏自慢>

「彼のあそこすごくてー」
「彼ほんとうまくてー」
「昨日は○回も昇天してー」

みたいな。

正統派純系ジャパニーズな私にとっては、まじカルチュラルショックの津波。なぜにそこを自慢する?みたいな。ほかにも自慢できることあるだろうに、なぜ話題がそればかり?ていうかなぜに誰も彼もが、そんな感じ?世紀末?

そら、日本人でもそんなシモネタトークになるような場面も無きにしも非ずだけど、そういうのってそれなりに打ち解けてからじゃない??初対面の人に、「はじめまして。ところであたしの彼氏のアレは…」って、言う?言わないよねえ!!

今日も、目の前でこんな会話が…
(初対面の2人、挨拶から2分後)

「彼氏いるの?」
「いるわよー」
「そう!大きいの?」
「もう黒人以外とでは無理だわ(ニヤリ)」
「オーマイガ!拝みたいわー(ペロリ)」

↑このしぐさ(ペロリ)がまじで下品だったんだってばー。

ていうか、ジョークとかいうときも、そういう下半身ネタがものすごーく多い気がする。
比率に直すと、シモネタ9:それ以外1、みたいな。
私のつるんでるメンバーが悪いのかしら…。
いや、そんなことはないはず。
sex and the city見てるとき、「この4人、赤裸々だよなあ」って思ったけど、
リアルにそういう会話が行われることに驚愕。

蛇足だけど、奴らは日本人男性の下半身をよくネタにするので、
そういう時はどう反応をしていいものやら猛烈に困っています。
話題がこっちにふられると軽くパニック発作。

「春香!日本人の平均はどれくらいなの!?」

…そんなこと私に聞かれても。ゲホゲホゲホ。パタリ。



ねえ。


今日はシモネターズなアメリカ人たちとサンクスギビングを企画してるよ。あたし、ほとんどフリーライダーだけども。パンプキンパイだってーわーい

そういえばゲド戦記ついに見れたけど、期待はずれだった…。隣のアメリカ人、寝てた。苦労して見に行ったのに…ちょい残念。でも、外人に、寝られるとむかつかない?これって屈折したプチ愛国心なのかしら。