マーケティングマインドのみがき方
岸田 雅裕
東洋経済新報社
売り上げランキング: 7113
おすすめ度の平均: 5.0
5 マーケティングの基本は人間への興味
5 スタンダードなコンセプトの本質を丁寧に語った本
5 まさにマーケティング”マインド”をつかむために読んでほしい作品
5 たくさんの「気づき」を与えてくれる良書
5 やっぱりマインドが大切


会社の先輩に借りた本。小難しい本かと思ったらすごく楽しく読めました。
個人的に刺さった箇所メモ。↓

・就職?就社?
・顧客に新しい物・すごい物の良さをわからす。買うための理由をつくるのがマーケティング。「誰に」「何を」「どうやって」
・リセッショニスタ
・「ちょっとした幸せ」市場

誰にでもわかる言葉でマーケティングの概念だったり事例を出してくれているのがありがたかったです。ユーミンがマーケット・ドリブン(市場密着型)、サザンがマーケット・ドライビング型(市場駆動型)っていう考察が目ウロコで特に気に入っています。

箸休め的コラムの中で、「映画をみると人間のいろいろな感情の動きをまるで自分が体験したかのように感じる事が出来るし、なかなか行けない海外の風景も見れる」という理由で、映画を見てマーケティング・センスを磨こうということが書かれているのですが。

そういえば、私の尊敬する会社の先輩も、家に本が全然無くて、映画をよく見るって言ってました。

香港留学時代にかなり映画にはまって数は見てる方だけど、もっともっと見る本数、増やそうっと。あとはちゃんと映画館に足を運ぼうっと。

あ、今日は百万円と苦虫女をみました。これ超好き。わかりやすいハッピーエンドが大好きな私にはほろ苦かったけど。映画にいつか関わりたいなーって思いました。それにしても蒼井優ちゃんの二の腕がしなやかでついつい目がいく。今ウィキペディアで調べたら同い年でした。こんな素敵な女優さん、少ない!

百万円と苦虫女 [DVD]
百万円と苦虫女 [DVD]
posted with amazlet at 10.04.26
ポニーキャニオン (2009-01-30)
売り上げランキング: 3856
おすすめ度の平均: 3.5
4 悲しい人がいるだけです。
4 引き込まれるってこういうこと
1 期待薄
5 主人公に非常に共感しました
4 思わず感情移入しちまいました!





*Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) は写真だけでうきうきする。うん。
*アリス見たい。でもGW混んじゃうだろーなー。
*そういえば話題のもしドラを、適当にしか読んでないのでちゃんと読まなきゃと思っています。
*5月はあっというまに過ぎそうでドキドキします。
*GWに見るべきいい映画があったら、皆さんツイッターで是非教えてください。特に日・中・韓映画。ハリウッドのはかなり見ていると勝手に自分で思ってるの
*今日は母親にまさかの一言を言われました。ああー。




もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8
おすすめ度の平均: 4.0
5 対人関係が苦手なアキバ系にも、ドラッカーの思想や人生哲学をプロモートする本
4 解説書と小説の融合
5 判りやすい
4 ドラッカーを知るきっかけをもたらしてくれる本です
4 内容は申し分ないがイラストがやや稚拙な印象