恵比寿に出来たうしごろさんの新形態店、
焼肉×和酒のお店、「うしごろ 貫」のレセプションにお邪魔しました!

photo:01

レセプションでは
お店の人気メニューを小盛りでいろいろ…
それも、メニューに合うお酒とコンビネーションで出してくれると聞いて
ドキドキわくわく。

お料理が来るまでは、
大好きなスパークリング日本酒
「すず音」で乾杯しました。

photo:02

▼一品目は塩モツ煮。

モツ煮って実は苦手だったのだけど
ここのはめっちゃ美味しかった。
人生一のモツ煮でした。

ちゃんとモツがほわほわだったのー!
(なんか絞りかすみたいなモツが出てくるところって多い(T_T))

photo:03

▼極みのうしごろユッケ。

はらみの希少部位「サガリ」を使用して、
シソ、オクラ、大和芋、ネギ、タマネギ、しばづけ…を
柚子胡椒風味のお醤油で混ぜて、
韓国ノリで巻いて食べました。

うしごろさんのユッケは、定評がありますよね。

photo:05

▼和牛角煮と柚子ポン白菜サラダ。

塩昆布と柚子皮の加わった白菜サラダは
お箸が進みました♡

photo:04

そしていよいよ焼肉タイム。
まず出てきた

▼「上ヒレ」

がやばかった…。

一緒に行った人と、
しばらく喋れないくらい悶絶しました。

ヒレの中でも最も柔らかい最高級部位の赤身肉なのだって。

photo:06

からの

▼極貫カイノミ。

秘伝のタレのからんだお肉を
一口サイズのご飯と一緒に頂きます。

photo:07

photo:08

photo:09

最高すぎました。

photo:10

これに合うお酒は
「作 穂乃智(ざく ほのとも)」。
お米の美味しさをストレートに表現したお酒だそう。

日本酒って全然わからないのですが、
利酒師でソムリエの店長・三輪さんが
裏側のストーリーや、
なんでこのお料理にあうかまで
全部教えてくださったので、
すっごく楽しかったです。

(もちろん、味は全部美味しかったです。お酒の弱めな私でも飲みやすいものばかり…というか最近私は日本酒の美味しさがわかるようになったのだ!人間って変わりますねー)

photo:01

おつぎはうしごろ名物の

▼サーロインしゃぶしゃぶ。

photo:02

さっと火を通して、
ポン酢で頂きました。
さっぱりしていて、ジューシー。

photo:03

▼タンつみれと九条ねぎのスープ

は、昆布だしベースで、
軽く飲み干しちゃえます。

photo:05

▼和風チャンジャ、
昆布チャプチェ(←斬新!)
うしごろ特製味噌きゅうりの三点盛り。

全部美味しかったけど、特にきゅうりは驚きの美味しさでした。
これから行かれる方は是非オーダーしてみてください。

うしごろ特製味噌…買って帰りたいくらいでした。

写真は撮っていませんが、
これに合わせたお酒は「英雄(ひでお)」。
新感覚の氷で割るにごり酒でした。

photo:04

▼トウガラシ、イチボ、ランプ。

全て上質の赤身肉。

柚子胡椒と絶妙にマッチします。

「菊姫」という秀吉が好んだというお酒と共に。

photo:06

だんだんフィナーレに近づいていますが…
季節限定の日本酒と共に、
▼極上ホルモン三点盛り

を頂きました。
コプチャン、ガツ芯、コリコリ。

コプチャンが特に最高。
その日の朝にさばいた鮮度最高の物だけを使っているそうです。
「朝びきホルモン」って呼んでるんだって。

photo:07

〆は

▼特製和風冷麺。

コシがしっかりある麺に、
途中から味を変えるためのあおさのりをいれて。

photo:08

食後酒…
これ、めっちゃ気に入ったので
次回訪問時も絶対頼みたいのだけど、
超濃厚ジャージーヨーグルトというお酒。

クリーミーで大好きだった…!

photo:09

あずきが中に入っている

▼抹茶プリン

と一緒に。
うしごろさんのプリンは
どれを食べてもなめらかで、
ついつい、お腹いっぱいでも、食べきっちゃいます。

photo:10

というわけで、
いろいろ、お試しさせて頂いたのですが、
本家うしごろ、
ワイン×焼き肉のうしごろバンビーナに続いて
ここもめちゃくちゃ繁盛してしまいそう。

予約がなかなか取れないお店ではありますが(泣)
こっちはまだオープンしたばっかりなので、
行ってみたい方は早めに予約を取られることをオススメしますドキドキ

個人的には、バンビーナももちろん好きだけど、
ここのお店、超ツボでした。
通いたい…!

恵比寿駅からも歩いてすぐです!

焼き肉と和酒
うしごろ 貫
恵比寿本店

03-5725-2929

(番号が肉肉だ!覚えやすい…笑)

焼肉と和酒 うしごろ 貫
http://www.ushigoro-kan.com/