f0397686.jpg
今日は、生まれて初めて、


「オフ会」ってやつに行ってきた。


悪あが記の読者の方々で、頻繁にコメントをくれていた人が中心になって、


「悪あが記ファン(笑)オフ会」


をするよという話だったので、


著者も乱入してみよっかということになったわけだ。


行く前は「どんな方々なんだろう」とか「なんか恥ずかしい」とかいろいろ考えちゃって、早くついたにも関わらず、さきっちょと、パキン兄さんと三人で、近くのセブンイレブンに潜伏していた。


そして、時間ぴったりぐらいに、のこのこ登場して、「あ、どうもすみません。でへでへー」って馬鹿面下げて、登場してしまったわけだ。


最初はめちゃくちゃ緊張してしまって、トイレに隠れようと何べん思ったかしれないが、


とりあえずご飯食べて落ち着いて、


ていうか、食べ物から離れなくてごめんなさい。


なんとか言語能力を回復して、


日本語危なかったけどね


皆様方とコミュニケートすることが出来た。


30人近くいた参加者のうち、


中には兵庫から遠路はるばる来て下さった方もいて、


そういう全然別の場所にいる普段なら知り合う機会のない方々が今日あの場で集まれたのも、


その時横で笑ってたさきっちょ姉さんとパキン兄さんが出会えたことも


全部悪あが記のおかげなんだって思ったら、僭越ながら、あのブログのすごさを改めて噛み締めた。むしろ、出会いの不思議さとかを再認識したというか・・・。


で、そんなこんなで、2時間半はあっという間だった。


そして、最後に皆様に一応簡単に挨拶をさせて頂いて、昨日あわてて撮った2人のプリクラを貼ったサンキューカードを配らせて頂いて、変顔撮影会をして、楽しい会はお開き…。


だと思っていたら!!


その前に、ビッグサプライズが用意されていたとはね!!


なんと、誕生日でもないのに、


花束もらっちゃったー!!


しかも一人3つずつー!!


花束をこんなに一度に頂いたのは、何年ぶりだろう。


小学校のときのエレクトーンの発表会以来かも…


なんだか、感極まって、涙出るかと思った。


もう、こんなによくしてくださって、ばちがあたらないだろうか。


ばちとして、一生彼氏ができないんじゃないだろうか…。


なんでみんなこんな優しいの!?って、嬉しいんだけど、申し訳ないような気分に陥って。さきっちょが笑わせてくれなかったら、危なかった。


誰にもお見せできない泣き顔を披露して、ファン(?)を失うとこだったヨ!


さきっちょナイスフォロー!!


どうやってお礼していいかわかりません。


ネットって顔が見えない分、コメントとか読んでいても、


現実感なかったりするんだけど、実はひとつひとつのコメントの裏には、


こういう温かい人たちがいて、それに支えられて、今私は、ブログを書くことが出来る。


そのことを忘れないように。


今日のこの感激を忘れないように。