昨晩、盛大に泣いたおかげで、まぶたがお岩さん。

せっかく嬉しい報告をするために電話してくれたあっきー

(リンク先・本人ブログ。三重在住、バーテンダーを目指す学生だよ。)も、

かなり心配して、「何か悩みがあるならいつでもメールしな」って

優しいメールくれたんだけど…

 

 

泣いてた理由がまじくだらなすぎて

 

今更

 

 

兄弟喧嘩でした

なんて

どのツラさげて言ったらいいの?

 

しかも理由が…

 

おでんの汁

だとか、

口が裂けてもいえなくない?

ブログランキング

うちは姉妹とも血の気が多くって

普段からやれテレビの音量を下げろじゃの、部屋を片せじゃの、

CDを元の場所にしまわなかった、勝手に部屋に入った、エトセトラで、

なんだかんだでこの年になっても

つかみ合いの喧嘩とか日常茶飯事なんだけど。

昨日

うちの晩御飯はおでんで、母は仕事でいなくって、

で、私が機嫌よくおでんをよそってたら

妹(優香17歳。以下、優)「汁ばっかりとらないでよ」

私(春香20歳。以下、春)「だって好きなんだもん」

優「あとに食べる人のこと考えなよ」

春「汁だけ後でたせばいいじゃん」

優「お茶のめばいいじゃん」

春「汁とお茶は違うもん」

優「うぜえええええ!!」

(ステンレスの水筒を投げる)

ばぎょん

命中。

春「ぎゃあああ。

痛ったあああああ!!汁ごときでがたがた言わないでよ!

優 (マッキー投げる)

春 (投げ返す→外れて、母の大事なついたてにあたる)

優 (皿投げる)

「こんな家にいたくない!!」

春 「そんなら、もう出てけー!!!!!!」

で、妹家出。

寒いのに。

で、

春 (ぎゃんぎゃん泣きながら、母に電話)

「おかさああん!!優がいなくなっちゃったー!!家出したー!!

うわあああああああああああああん

(…自ら追い出したくせに。)

母「はっ!?今仕事終わったとこなんだけど」

(春の泣きっぷりに動揺)

春「優がおでんの汁飲んじゃだめってー!!優が…うえええん。

おでんが…うわあああん」

母「は?は?あんたとりあえず落ち着きなさい

私はその聞くものをすさまじく混乱させる電話を父と母にかけまくり、

ついに母の電話の充電をミニマムにさせ、

その後紆余曲折を経て、

新宿で友達と会っていた妹を母が捕獲。

そんなこんなで、片がついたのは夜中12時過ぎ。

夜、大き目の地震があったから、

「今の地震で優が死んだらとても後味が悪いよう」と

勝手に妹が死んだらシリーズの妄想が大飛躍して、

3時間くらい泣いてた!!

いやあ、自分でも泣きっぷりにびびったね!

あっきーからの電話は、父からだと思ってとったの。

で、そのときは小休止で泣き止んでたけど

あまりにもわんわん泣いてたから、嗚咽がとまらなかったのだー!

というわけで泣いてた理由は、

そんなわけだ。…ごめん、あっきー。

嫌いにならないで。

大学生ブログランキング