ごきげんよう、はあちゅうです。
今日は妹の話をします。

皆さんの家族は仲良しですか?
私は妹を溺愛しています。

もちもちした二の腕。
ポテポテした歩き方。
多少ツンデレな姉に対する発言。
全て愛おしい。

妹でさえこんなに可愛いのだから、
自分の子供が出来たら
どんなに可愛いだろう、と思います。

小さい頃は、まあ、仲良しとは言い難かったです。
年の近い姉妹ですから、小さいことでいがみあっちゃうんですよね。

前の家の壁にあいた3つの穴は伊藤家の
黒歴史となっております。

しかし今は大抵のことは平和的に解決します。
だって24歳と21歳で、お互い大人だもーん。

大人といえども人間ですから、たまには喧嘩もします。

ステンレス水筒での殴り合いに発展した、おでんの汁事件も
記憶に新しい。

あの時は、おでんの汁好きな私が、鍋半分ほどの汁を飲んだために、
帰宅後の妹が「なんで汁がねぇんだよ!」と噴火し、
殴り合いの末に家出という結末を迎えました。

それ以来、母はおでんを作ると
「汁はたくさんあるからね!明日足すことも出来るんだからね」
と念押しするようになりました。

一番最近の事件について今日はお話しましょう。
それは妹が名古屋に遊びにきたときに起きました。

妹は、美容に詳しく、手先が器用です。
私が苦手とするつけまつげも、妹はまるで手品のようにひょひょいのひょいと着けるし、

私がどう頑張っても習得できないコテでのカールづくりも、
まるで生まれたときからそうすることが習慣であるかのように
自然に出来る。

私は妹のそういった面を尊敬し、
洋服のコーディネートや化粧に関するtipsには
全面的な信頼を置いています。

さて。話をもとに戻します。
名古屋に着いた妹の第一声は
「オネエ、眉毛、変」でした。

白状しましょう。
私は実は眉毛の手入れはそこまでしておりません。
なんとなーく、まあ適度な太さと長さであるし、
そんなにコンプレックスに思ったこともなかったのです。

ところが妹によると
私の眉毛は
「左眉の角度がよくない」んだそう。
バランスが悪く、非常にもったいないんだそう。

そこで、プチ美容研究家の妹に眉毛を整えてもらうことになりました。
産毛用の電気シェーバーとティッシュを用意し、妹の前に正座し、
全幅の信頼を置いて目を閉じた私。
それが、悲劇の始まりとなりました。

ジジジ…という電気シェーバーの音と肌をなぞる感触に違和感を覚えた私は

目をあけて驚愕しました。
妹は、あろうことか私の眉毛の端っこを電動シェーバーでそり落としたのです。

眉毛を「整えてもらう」ことに同意はしたももの、
眉毛のハジを無くすことになるとは夢にも思わなかった!

妹は「これで、眉尻を毎朝書き足せば完璧だ」とのたまっています。

マ…マユジリを書き足す?
サワジリはともかく、オネエ、マユジリって言葉に
ぜーんぜん馴染みがないんだけども!!

それをカキタス?
イミダスでもなくアメダスでもなくカキタス。

この私に、そんな高度なことが出来るとでも??
利き手でマニキュアを塗ることもおぼつかないこの私に??
エブリモーニング!?

私、ドーン。
「そんなこと出来るわけないじゃん!!なんでこんなに剃るのよ!眉毛ないじゃない!!」

私に輪をかけて短気な妹、ドドーン。
「任すといったのはオネエだろうがあああ!!眉毛は描くもんなんじゃー!!オネエには女子としての心意気が足りないんじゃー!!」

闘いのゴング、ドーン。
ちゃぶ台、ドドーン。がらがらがっしゃん。

そこから始まった闘いは
筆舌に尽くしがたいので、
皆さんのご想像にお任せします。

こういう話をすると、
いろんな人に
「その年で、何やってんの」
とか言われますが。

まあ、喧嘩するほど仲がよいってことなのかもしれません。
雨ふって地固まるともいうし。
ほどほどに喧嘩するくらいが、きっといいんですよね。

妹はね、なんだかんだ言って私のことが大好きなんですよ。
あの人私のことが好き過ぎて、
過去に私が付き合った人の名前も、付き合った期間も、
大体把握しています。
もらったプレゼントも、デートで行った場所も
私以上によく覚えている。
生きたデータベースです。

うっかり私が元彼の名前を忘れても、
妹に聞けば大抵解決。

優ちゃんが昔、10ヶ月英語を習った後にも関わらず
bとd の区別がつかなかったときは、
オネエ、そりゃあびっくりしたけども。
こいつ頭大丈夫なんかとそりゃあ心配したけども。

興味のあることに関しての記憶力は抜きんでていること、
誰よりもオネエはよく知っているからね!

昔は親の愛情を独り占めできる一人っ子に
憧れたりもしましたけど、
大人になった今、
長所も短所も知り尽くした妹がいることに
本当に感謝しています。

いつか結婚したら
子供は最低2人欲しいな…。

長くなりましたので今日はこの辺で。
ちゃお。