はあちゅう主義。

Category

70日間タダで世界一周できるかな? > インド

インドの野菜はナスが日本より明るい色な気がしたり、大根が細長かったり。 きっと栄養分もちょっと違うんだろうなーって思ったり。 旅行ブログランキング 世界一周ブログ村ランキング はあちゅうの 20代で「なりたい自分」になる77の方法posted with amaz

(ムンバイ2日目) たまたま入ったアクセサリー屋さんで、運命の出会いがあった。黒い大きな石のついた指輪に私は目を奪われた。すうっと吸い込まれるような自然な黒は、よく見ると複雑な光をたたえていて、光の加減によって紫にも藍色にも見えた。アイオライト、という

(デリー→ムンバイ) インドのチャイは美味しい。牛乳に葉っぱを加えて煮立たせて砂糖を加えてあるそれは、こってり甘くて、熱くて体にしみる。インドにいる間、1日も欠かさずに、時には1日に何倍も飲んだ。安いところで1杯4ルピー。高いと1杯20ルピーはするけれ

(バラナシー→デリー移動日) ガンジス河しか見るものがないと言われるバラナシで、それすら満足に見れないまま、出発せざるを得なかった。この日の午前中も胃の痛みで起き上がれず、午後はフライトに間に合わせるために起きたはいいものの、何もやる気が起きず、イン

(カトマンズ→バラナシ移動日) 14時発の飛行機に間に合わすために、12時には宿を出なければならなかったのだけれども、前日の朝に頼んでいたラウンドリーが届かなかった。その日は運悪く、朝から停電、断水が続いていたので、電話も通じず、結局この旅のために買っ

(インド5日目・バラナシ) 列車は到着予定時刻の3時間遅れの11時半にバラナシ駅に着いた。その頃にはふらふらの体を2杯のチャイで立ち上がれるくらいまでに無理やり回復させていた。 変化が起きたのは昨晩2時。それまでにもずきずきとしていた私の胃の痛みが激

(インド4日目・アグラ) もしも料金が先払いでなかったら、キレて帰っていたかもしれない。タージマハルの入場があんなに煩雑だとは思わなかった。リクシャーを降りてから、物売りと偽ガイドの客引きをすべて無視してやっとたどり着いたエントランスで請求されたのは約

(インド3日目:アグラ) 結局昨日は夕方まで待っても、カトマンズからデリーまでの飛行機は抑えられなかったので、6000円の追加料金を払って飛行機をカトマンズ→バラナシ、バラナシ→デリーにしてもらう。これでネパール往復に7万円かけたことになる。チケットは

(インド2日目・ニューデリー) 10時に約束通りに旅行代理店に向かうと、インド人は困った、という顔をしている。「キャンセルが出ないから、飛行機が取れない」…99%大丈夫と言われたはずのチケットが取れていないという。なんてことだろう。 「あなたは明日の

(インド1日目) インドを訪れる人間は、2種類にわかれるという。インドを好きになるか嫌いになるか。このどちらかに必ず別れ、半端はないというのが旅人の定石だ。南米で会ったトーマさんは「俺、インド人大っきらい!」と言っていたし、旅に出る前の世界一周イベント